RC参戦記

今日は、日本海間瀬サーキットADVAN走行会に行ってきました。
ヨコハマタイヤ4本装着が条件で、純正タイヤがヨコハマタイヤなので、
そのまま参加しました。

走行はフリー走行、タイムアッタック(予選)1回目、2回目、
模擬レース10周の計4ヒート、各20分。
クラス区分はラップタイム別で、去年走ったときは1分22秒台で、
1番下のDクラス。^_^;
車はどノーマルのままで、果たして何秒でるのか?

とりあえずフリー走行は、ライン取りなどを確認しつつ、8割程度で走行。
そしてタイムアタック1回目、油温が厳しいが全開走行。
タイムは、1分15秒台。約7秒アップ!
車の違いがこんなにあるとは・・・

アタック2回目も15秒台に入れるものの、
ブレーキがヤバクなりタイム更新ならず。
やはり、パット交換は必要みたいだ。

タイムアタック最終結果は、Dクラス2位。
トップはエボYで、タイム差は0.231秒
最後の模擬レースは、このグリット順でスタートとなる。

いわゆるフロントローに並んで、初めての経験にわくわくドキドキ。
シグナルが赤から青へ。
ACDスノーモードで、7千回転で一気にクラッチミート。
なんと1コーナーをトップで入る。
しかし10周の長丁場、果たして逃げ切れるか?

予選トップのエボYがすぐ後ろでガンガンプレシャーをかけてくる。
2周、3週と周回を重ねていくと、油温はすぐに120度を越えた。
足回りもサーキットでは弱く、ロールがでかくて、コーナーでは、
インリフトしていたらしい。
さらに周回していくと、油温は130度を越え、
ブレーキも利かなくなってきて、ブレーキポイントが、早まってきた。
何度かシフトミスもしたが、何とかトップを守りつつ、ファイナルラップ。
しかし目の前に周回遅れが!

なかなか譲ってもらえず、完全にタイムロスで焦りまくり。
ようやく最終コーナーでインから抜きつつチェッカーフラッグ!
初模擬レースで優勝しちゃいました。
レース中のベストは、14秒台に入ってました。
エボZ速い〜。

表彰式では、手ごろな大きさのテントを頂きました。
あと、全員貰えるお楽しみ抽選会では、
なんとプレステ2GT3パックが当たりました。
買わずに済んじゃった。ニャハハハ

今回の走行会で、車の辛い部分が見えたので、その辺の強化を
今後していきたいです。

おしまい。



偽RC参戦記

注:この参戦記は「RC参戦記」を悪背留が勝手にRCさんの心情を
読み取り尚且つAXELの言葉を編集した物であり本来の心情ではありません(たぶん)

おらぁ〜今日は暴れまくるぜ!「切って、切って、切りまくるぜ!」
「成敗!!ってか!」「あはははっ」
(今日の俺は、何時も以上熱血している!)
今日は、日本海間瀬サーキットADVAN走行会に行ってきたぜ!
ヨコハマタイヤ4本装着が条件で、純正タイヤがヨコハマタイヤなので、
そのまま参加しました。
(ちっ、RCのホイールが履けりゃもっと良い走行会に出てやるのにな)

んで、今日の俺の仕事は以下の通りだ。。
走行はフリー走行、タイムアッタック(予選)1回目、2回目、
模擬レース10周の計4ヒート、各20分。
クラス区分はラップタイム別で、去年走ったときは1分22秒台で、
1番下のDクラス。^_^;(だぁぁ〜、この俺がぁぁ、まぁ前回は様子見だしな
(目が泳ぎながら突っ立て居るRCさん・・・・おぉ〜い、いい加減リアル世界に
帰ってこいよぉぉ)
車はどノーマルのままで、果たして何秒でるのか?
(まぁ、埼玉のJBの連中よりは速いだろうな、何てたってエボ7だぜ
280psだぜ。 白い新型だぜ)

とりあえずフリー走行は、ライン取りなどを確認しつつ、8割程度で走行。
実は8割と言いながら全開走行で、驀進する!
何人たりとも俺の前は走らせねぇぜ!)
そしてタイムアタック1回目、油温が厳しいが全開走行。
(パラリラ、パラリラ〜♪ Σ( ̄Д ̄;)がーんっ! 族か!)
タイムは、1分15秒台。約7秒アップ!
車の違いがこんなにあるとは・・・
(いや、車じゃないな、俺の腕かふっ)

アタック2回目
15秒を切らなきゃ頭はねぇ〜等と、CF的な事を考えていた事は違いないな
ゼロの領域に入るも15秒台に留まる・・・・ショック☆<( ̄□ ̄;)>☆ショック
ブレーキがヤバクなりタイム更新ならず。
やはり、パット交換は必要みたいだ。(メカドックの東条さんみたいに
エンブレで逝けや)

タイムアタック最終結果は、Dクラス2位。(ここの俺が・・・嘘やぁぁぁ
またも現実逃避をするRCさん・・・今度はどの世界に逝った?
トップはエボYで、タイム差は0.231秒
最後の模擬レースは、このグリット順でスタートとなる。
(そうさ、タイムアタックなんて実戦のレースに比べれば、86と85並に
違うからな・・・・どんな違いだ?)

いわゆるフロントローに並んで、初めての経験にわくわくドキドキ。((((o゚▽゚)o))) ドキドキ♪
(ふふふ、俺の進化が問われる時が来たな、それにしても、やっぱ前に車が居ないのは
いいなぁ 斜め前のエボも直ぐ抜いちゃる。)

シグナルが赤から青へそして黒へ(おぃ。
ACD(あんちゃん・ちょ〜すげ〜・どっかぁぁん(爆発))スノーモードで、
7千回転で一気にクラッチミート。
吹っ飛ぶクラッチ、飛び散るオイル・・・やっちまった・・・嘘
なんと1コーナーをトップで入る。(しまった、つい本気を出しちまった)
しかし10周の長丁場、果たして逃げ切れるか?
(VRのグランプリモードで、鳴らしたこの腕なら大丈夫だ)

予選トップのエボYがすぐ後ろでガンガンプレシャーをかけてくる。
(こ・この俺にプレッシャーをかけるなんて、数年前の車山に逝く時の
しゅわさんの煽りいらいだぁぁ)

2周、3週と周回を重ねていくと、油温はすぐに120度を越えた。
足回りもサーキットでは弱く、ロールがでかくて、コーナーでは、
インリフトしていたらしい。
さらに周回していくと、油温は130度を越え、
ブレーキも利かなくなってきて、ブレーキポイントが、早まってきた。
何度かシフトミスもしたが、何とかトップを守りつつ、ファイナルラップ。
しかし目の前に周回遅れが!(どけぇ〜雑魚がぁぁぁ!)

なかなか譲ってもらえず(なんてこと、周回遅れはTOPに道を譲るのがマナーでしょ
と、某CFのオーナーが言いそうなバカな言葉が頭をよぎる)
完全にタイムロスで焦りまくり。
ようやく最終コーナーでインから抜く!
しかし、ここでRCさんは嫌な事を思い出した。
そう、それは数年前の走行会・・・・(やべぇ〜これ書くとRCさんに殺される!
いや、しかし、皆が望んだこと(ぉ)わが身を犠牲にして書こう)

回想
BLUEさん、こばさん、RCさんで走行会に来た。
フリー走行中。観客席にいた俺らはRCさんが何時まで立っても
帰ってこないことに気がつく・・・・ま・まさかぁぁ
・・・・ここからは殺されそうなので自主規制・・・・・・・

そして、ある男の言葉・・・・・
「おぉ〜い、出してくださいよぉぉ〜」

゚・゚*・(゚O゚(☆○=(`◇´*)o コノヤロー!!
倒れるAXELO=(__;;; パタ...

嫌な記憶が飛び交うも、それを打ち破り、ゴール!!

チェッカーフラッグ!(振っている人は轢きませんでした?)
初模擬レースで優勝しちゃいました。
レース中のベストは、14秒台に入ってました。
エボZ速い〜。(俺はやぁい)

表彰式では、手ごろな大きさのテントを頂きました。(のちのJB基地2号になる)
あと、全員貰えるお楽しみ抽選会では、
なんとプレステ2GT3パックが当たりました。(( ̄ロ ̄|||)なんと!?)

買わずに済んじゃった。ニャハハハ
いいなっぁぁ俺は定価で買ったぞ、定価だぞ・・・(Tへヽ)(/へT) シクシク..

今回の走行会で、車の辛い部分と自分のダークな部分が見えたので、その辺の強化を
今後していきたいです。

おしまい。

( ;^^)ヘ..ゴーストライター;悪背留

back