車山FG_The1ST


「ここから、伝説が始まった」

(注、この話は、ノンフィクションですが、一部記憶の違いがあると思います
なにせ、数年前ですから( ;^^)ヘ..)

1994年8月某日

AXEL邸に、新車がやってきた。
そう、インプレッサWRX−RAだ!!
この時、AXELがインプレッサを買ったことを知っているのは
JB(この当時、JBって呼ばれるものは無かったけど)では
AXEL本人以外では、BLUEさんのみだった(笑
買った後での他の皆の反応は、面白かったがそれは何時か発表です
(本当か?)
ちなみな、この当時では、AXEL、BLUEさん、RCさん、8の
4人が良くつるんでいた。
(他のメンバーとは、その後つるむ)

とある会社

出向にきていたAXELは、同じ部署の、タタヤン、足踏みサイドさんと
出会う。
実は、インプレッサを買ったのは、このタタヤンがかなり影響している。
数ヶ月前、タタヤンに誘われて、ラリーモントレーを見に行き、はまる(爆)

そして!!!
タタヤン「おう、せっかくインプレッサ買ったんだから、車山行こう」
そう、この一言が切っ掛けで、車山F.Gの参加、
ひいてはJBの発足へと進み始めていた(爆笑)


10月某日(大会前日)

タタヤンから、電話があり、一人不参加になっちゃったんで誰か連れてきて
との事だったので、BLUEさんに電話するが、夜勤で会社らしい。
しかし、AXELは、事もあろうか、会社に電話!!
呼び出す(メチャ事実!!)
前日連絡で、BLUEさんを連行することに成功する(おぃ

大会当日(土曜)

長野に行くため、中央道のPAで待ち合わせをする。
そして集合!!
参加者は、スターレットで参加のタッチさん、タタヤン。
アルトワークスで参加のヤギちゃん、足踏みサイドさん。
そして、後のJBの首脳2人のBLUEさん、AXELのインプレッサだ。

しっかし、俺のインプは新車!!(当日迄の走行距離2000km)
そんな車で、でるとは( ;^^)ヘ..
しかも、以前の車はAT!!こんどはMTでしかも、競技、いや
峠とかでスピードを出して攻める事はしなかった。
なので、メチャ不安なAXELがそこにいた。

渋滞につかまりながらも無事、車山高原につき一息いれる。

車山FGに着た事のある方々は知っているとは思うが、開催のグランドの
上の駐車場で、コースをみる一同(のちに、この行動は恒例となる)

ペンションへのチェックインまで時間があるので、タタヤンの意見でもっと上の
広場で、練習をすることに。
方法は、広場に空き缶を置いてターンの練習だが、結構難しい。
数回やったあとタタヤン登場!!!
うっうまい。
綺麗にスターレットを操り空き缶の周りをサイドを引きながら回るが!!
そこで事件が起きた!!
(って事件って言えないか)

なんと、インを攻めすぎた為、空き缶を踏みつける、そして!!
サイド!(なんと)

空き缶を踏んだまま引きずりながらターンするスターレット。
(この時はもちろん知らない、そしてそれから数回の大会で、タタヤンは、
パイロンに激突するは食うわで、結構やってます。)


時間になったのでチェックイン。(ペンションは、西田ロッケリーさん)
落ち着きのある部屋で満足な一同
(補足だが、本当は他の所が良かったらしい、しかし、此の回からそのペンションは
参加していなかった、後で知るが、数年前、タタヤン達は露天風呂で一般客と
馬鹿騒ぎしたらしい、たぶんそれが原因ではないかと( ;^^)ヘ..)

前夜祭

初めての大会で、緊張していたが、同じペンションの方々や
他のペンションの方々が結構楽しい方々で盛りあがった。
(いや、マジで、知らない方と楽しくやりましたよ、あの方々今はどうして
いるかなぁ、アノ、エボの人たち)

ここで、車山に来た事の無い方々に説明しよう(笑
今は違うが、この大会FG(ファミリー・ジムカーナ)というだけあって
タイムだけでは上位に行けない、某横断クイズのように、じゃんけんでポイントを
GET!!って言う、制度もある。
これは、最初に、各自5ポイント(ちなみに走行の順位で貰えるのは、50台参加
だった場合、1位が50ポイント、50位が1ポイントとポイント制)もっていて、
皆でじゃんけんをし、相手のポイントをうばって自分のポイントにする
って感じなんですよ。
これなら、あまり走行が速くなくても、上に行けます。


数回じゃんけんをし、ポイントを増やす人減らす人がでてくる。
じゃんけんの争奪ポイントも5ポイント勝負とか出てくる。
もちろん、ポイント0って方も。
でも、メチャ楽しかったです。

他にもビンゴゲームで色々ゲットの大会もやるが残念ながら何も手に入らず。
(ノヘ;)シクシク..

大会当日(日曜)

朝から車検を受け、開会式を行い。
そして競技開始!!
1番手は、アルトワークスのヤギちゃん。(皆にはめられて1番手)
教習所走りながらも、軽快に曲がりゴール!!
無事、ミスコース無しでゴールでした。(ちなみに、ナビが乗ってます)
その後も、順調に走行が始まる。
そして、AXELの出番!!(メチャ緊張)
スタートラインに付き、スタート準備。
しかし!!、こんなのは初めてなので、慎重になる。
ブレーキを踏み待つ。
そしてスタート!!
慎重にスタートをし、BLUEさんの指示にしたがいパイロンをクリア!!
インについて周りたいが、アクセルを踏むと!!
パイロンよ、さようなら。
しかし、踏まなきゃタイムは出ない(どないしろっての!)
そんなこんなで一応無事ゴール。

AXELはと言うと・・・・・・
メチャ楽しかった!!いやぁ〜最高でした。
こんなに、楽しめたのは久しぶりでした。(うぅ〜速く次ぎ走りたい!!)

そして、BLUEさん。
ナビは俺だ。
スタート地点で、サイドを引いて待つBLUEさん。
そう、AXELは、ブレーキを踏んでいた。(そして気づく)
あっサイド引いて待てばいいんだ(と思う馬鹿なAXELがいた)
スタート!!
流石は、BLUEさん、上手い!!
軽やかにパイロンを周りゴール!!

お・おれより速い・・・・
そう、後に言われる伝説!!
車を借りた方の人の方が、持ち主より速いと言う伝説が!!
それを裏付けるように、他の車もそうだった

1回目の走行も皆終わり、昼飯。
横川の釜飯です。

2回目の走行開始!!
AXELは、前のスタートの反省をしサイドを引こうとしてブレーキから
足を離すが!!
サイドが、間に合わなかった為、前へ!!(おぃ電光が)
慌ててブレーキをし、事無きを得る

そして、スタート、メチャハイテンションで逝くAXELが居た。
2回目も無事ゴールする。

本当に面白かったです。

閉会式。
なんと、全員に景品が!!
ホクホクの笑顔(なんてったって、飛賞で良いもの貰いました。
で!!
この大会で、なんとタタヤンが3位に入賞♪
(すげーただのオヤジじゃなかったんだと痛感)
そして、もう一つの伝説が!(って伝説じゃないか)
なんと、AXELとヤギちゃん、軽トラに負けると言う大失態が!
でも、順位は、そんなに下じゃないけどね)

そして、誓う!!
来年こそは、軽トラに勝つと!!

(その誓いは、もう叶えられないと言うことも知らずに)



そして始まる、JBのメンバーが繰り広げる毎年恒例の馬鹿騒ぎが!
そして、年々参加者が少なくなる中で、JB関係は参加者が多くなる
車山FG参戦バトルが!