「そして事件勃発!!」

無事、藤岡JTから上信越自動車道に合流する。
後ろで、マターリ走行している、サムソンさん、その遥か前方のAXEL
その前を団子状態でJB連中が走行しているが、
やはり高速道路 下克上が始まる
( ゚Д゚)<うらぁ〜ドケヤ!!!
爆音君が、先頭走ったり、あどんさんが抜かしたり、en-gさん達も、FTOで
空を飛ぶ(ガ━(゚Д゚;)━ ン !!!
1人で走行のAXELは勿論、アキタ━━━(#゚Д゚)━━━!!!!
今回は、渋滞もなく横川SAに着く
予定通り?いや、予定より早い位かな?
直後、京さんのシビック登場!!! 
MONさん、イイちゃん(勝手にHNを。すまそ)も捕獲
後は、サムソンさんのボロ8
途中、上信越に入った直後に京さんは、抜いて来たらしいっす。
メンバーも揃い始め、マターリ話合っていた。
その傍ら順風満帆でもない連中も。
VTSさんはボンネットを開け何かやってた。
アドンさんもホイールナットの増し締め。
AXELも同じく、どっかんさんにクロスレンチ借りてナット締め
おりゃぁ〜締まれ
BLUEさんもクラッチ踏むとエンジンストールするから、
アイドルを上げ調整をしていた。
しかし!!!
そんな事は、大したトラブルじゃなかった!
ナンシー・・・じゃなかった、サムソンさんより緊急連絡!
走行中、タイヤがとれた!!!!!!
そうコレが、今回JB車山FGの連続殺車事件の幕開けだった

何だって!!!!(゜◇゜)~ガーン

86のタイヤがもげたらしい。
騒然とする一同。
取合えず、詳しい状況と何キロポスト地点にいるのかを
聞くも、近くに表示板がいなかった。
「タイヤはあるのか?」「自分で直せるのか?」色々聞く。
かなり慌てたみたいで、タイヤないっす、とか 
ナットも吹っ飛びました
等。の誤情報が・・・・・・・
「工具があれば、大丈夫か?」にも「駄目です、工具がありません」との
かなりパニックッた返答もしばしば。
緊急対策会議にはいる、JB一同in横川SA。
何より、状況が良く解らんから、指示も出せん。

パニック収束

しからば、状況を。
上信越入ってから、車の振動が凄くなり、ガクンッ!と、車体が落ちたらしい
慌てて、路肩に止め電話したらしい

パニック収束後に、タイヤはあります、ナットも車の中にお古があります。
(何故か転がっているナット)
ただ、ジャッキ、レンチが無いっす。(しまったぁぁ確かに入れてねぇ
・・・って、サムソンさん、行く前チェックしなかったんかい?
後で気がつくが、3角板、発煙筒も無いじゃん)
場所も把握出来た。
うぅ〜む、ボロ8の後方から来るJBは、もう居ない。
ジャッキが無ければタイヤが入らんしなぁぁ
場所は、23.1Kポスト辺り。
ここから、20K位戻ったトコだ…
しゅわさんとBLUEのアイコンタクト……戻るか…
しばらくした後、我らがBLUEさんが、
     ∧_∧∩ 
    ( ´∀`)<俺行くよ!
 _ / /   /  
\⊂ノ ̄ ̄ ̄ ̄\
 ||\        \
 ||\|| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄||


カッケー!! 
「そうだね、君が一番速いし、しゅわんも同乗だから2人いれば何とか
なるっしょ、色々工具も積んでいる車だし。じゃぁ俺達は、居てもしょうがないんで
先に行くよ、取合えず、酒とかも買っていくんで、状況判り次第連絡くれ」
「うい」「了解」
では、宜しく頼む('◇')ゞ
上手くアノ技使っていってくれたまえ。
「健闘を祈る」
爆音君の工具箱を強奪して、ヘルパー隊の出撃。
爆音を轟かせ、BLUE号が発進!

( ´∀`)・ω・) ゚Д゚)・∀・) ̄ー ̄)´_ゝ`)
( ゚∀゚)゚◇゚)・∀`) ̄Д ̄)゚_ゝ゚)´ω`)

そいだば、俺らも行きますか!
目指すは!佐久IC そして恒例の酒屋だ!
 皆の者行くぞ!

それ逝けBLUE号!( ゚Д゚)イッテキマス

次の碓井軽井沢ICで出口に向かう…
料金所の手前に、出口と入り口の仕切りが開いてる部分がある。
反則技なのは承知の上で、そこを使ってターン。
━━(゚∀゚)━( ゚∀)━(  ゚)━(  )━(゚  )━(∀゚ )━(゚∀゚)━━!!!!!
本隊と逆走を開始!
平均速度は秘密だ。ヒントは、
メーターが動かない時も…Σ(゚Д゚)

何処だ?しゅわ&BLUEで下り車線を見ながら走っていると、
イタ!路肩にボロ8が止まってて、近くでサムソンさんがフゴフゴしてる。
((( ̄( ̄( ̄( ̄ー ̄) ̄) ̄) ̄)))
とりあえず、車外にいるのは危険なんで、車内にいる様にとしゅわさんが連絡。
( ゚Д゚)轢かれるぞゴラァ
3K程先に富岡ICがあり、出口に向かう。
碓井と同じ事をしようとするが、料金所手前に係員がいる。
片方が閉鎖されていて、BLUE号を確認してこっちに逝け!と
ライトセーバー振ってる…
「フォースを信じるんだ」何処からトモナク聞こえる声)
まるで、飲酒の検問を逃げるかの様にUターン。
逃げろ!ヒイィィィ!!(´Д`ノ)ノ)
再度、本隊と同じ方向に進行開始、ボロ8が見えてきた。
さぁ、何処のタイヤがとれて、どんな状況だ?
左リアのホイールナットが走行中に飛んだ様だ。
ホウリナゲ!( ゚∀゚)つ=====ω←ナット
で、ホイールが外にズレて、リムの上にブレーキローターが乗っかってた。


ホイール付け直せば問題無さそうだが…不幸中の幸いだったな。
低い車高とマターリ走行のお陰で外れたタイヤが飛んで逝かず、
フェンダー内に居てくれたから、何とか路肩に止まる事が出来たと思う。
パニックブレーキを踏まなかった事や、フロントタイヤじゃなかった事も要素にある。
無事で良かったよ。
ヨカターヨ・゚・(ノД`)・゚・
さて、ジャッキアップして確認するか…
…………………ジャッキアップポイントにジャッキが入らん!!!!!
(・ω・ )モニュ?


仕方ないから、リアの牽引フックに噛ましてジャッキアップ。
ワイドトレッドスペーサーは緩んでない。
ホイールも傷だけで歪んでない。
スタッドボルトも曲がってない。

スタッドボルトがホイールを削ったから、アルミ屑でネジ山が埋まっただけの様だ。
場所が場所なんで、細かいチェックはパーキングでやる事にして、まずタイヤ装着だ!
…………………タイヤが入らん!!!!!
牽引フックじゃ、高さが足りん………
ジャッキを一度外したら、二度とジャッキは入らなそうだし…………
サイドシルにタイヤは……入らない……
( ̄□ ̄;)!!
予備のスタッドレスは……入らない……
Σ(゚Д゚;≡;゚д゚)
何か一時的に車重を保持出来そうな物はねぇか?
空き缶…ペットボトル…工具箱…パイプイス…どれも無理じゃぁ!!
ホント o(゚Д゚)っ モムーリ!
覚なる上は……………『サムソンさん!此処へ!!!」
「せぇの、おりゃぁぁぁぁぁぁ」
86って、軽いね。
そぉです、持ち上げますた。(ノ ゚Д゚)ノ == ┻━━┻86
んで、ジャッキ掛け直して、タイヤ装着〜♪
ネジ山埋めてるアルミ屑は簡単に取れないから、そのままナット締めちゃった。
念の為、後ろを走りながら、横川パーキングに向かいますた。
横川で、他のホイールの増し締め、点検、平気そうだね…追走開始。
(つ´∀`)つ

「やっと到着JB部隊」へ
☆)゚∀゚)∀゚)゚)━━━━━次回にチェキ!!